ニーズはあるものではなく「つくる」もの

 

こんにちは。「営業はアート」と信じて疑わない、セールスコンサルタント 伊庭正康です。
昨日は、愛知県の自動車関連メーカー様で営業基礎研修(セールスベーシック) の機会をいただきました。営業2年目から6年目までの若手営業マンが中心。

ガソリンスタンド、カーグッズの量販店へのルート営業から、飛び込み営業まで、まさに私が達やってきた求人広告とよく似たスタイル。王道のセオリーだけでなく、飛込み営業のプチTipsまでを紹介してきました。

 

 

 

 

 

 

お客様自身、ニーズには気付いていない

とりわけ、今回はヒアリングに特化をし、ニーズの有無を確認するレベルではなく。お客様の見えない課題をあぶり出して、ニーズを作るレベルのヒアリングにチャレンジ。

※ノウハウの詳細はコチラを参照ください。
http://www.rasisalab.com/column/hearingskill

お客様はニーズに気付いていないことが多いものです。

「もう他の会社と長年の付き合いがあるから不要」
「今は発注の予定はないかな」

そんな状況でも、キチンとヒアリングをすれば、お客様自身も気付いていないニーズに気付かれ、対策に向けての提案の機会を頂く、そんなヒアリングです。

キチンとヒアリングをすれば、こうなります。

「まあ、言うほどではないんだけど、最近は通販もライバルにはなってきているんだよね」

そんな”ひとこと”から、しっかりとヒアリングをすれば、お客様自身も、やるべきことが見える、そんな流れを練習。
気付きをもらえるとお客様は、そのことにも価値を感じたりもするものです。

 

ニーズがない、を禁句にする

ニーズがない、営業現場でよく言われる言葉ではないでしょうか。でも、本当は「ニーズをつくれなかった」が問題の本質です。
ニーズの有無だけの確認なら誰でも出来ますし、そんなレベルであれば通販で十分なのかもしれません。
これからは、「ニーズがない」といわない。これも営業の気概ではないでしょうか。

ニーズに気付かせて差し上げる、それこそ営業が目指す姿だと思うのです。

では。

 

※らしさラボの研修※

営業力強化研修     → コチラ
リーダーシップ研修   → コチラ
ソーシャルスタイル研修 → コチラ
フォワローシップ研修  → コチラ
ストレスコーピング研修 → コチラ

※研修・講演・執筆※
ご相談・お問い合わせ  → コチラ

ページトップへ