RASISA LAB

03363813217 ※ご依頼・ご相談専門窓口(営業電話はご遠慮ください) ※留守番電話の場合、メッセージをお入れくださいませ。折り返しお電話をいたします。

24時間365日受付中

らしさラボTOP > コラム > 身近にいるかも?人生で関わってはいけない人5選(時間編)

身近にいるかも?人生で関わってはいけない人5選(時間編)

【はじめに】
この内容は、私が「Youtube」および、音声メディア「Voicy」で語るシナリオを無修正で公開しています。
ゆえに、誤字や文章に読みにくい点もあると存じます。ご容赦ください。
ぜひ、Youtube、Voicyもチェックしてみてください!

=Youtube(10分でスキルをインプット)
https://www.youtube.com/channel/UCLI1ta1jCqMZeHSqY95lhlQ

=Voicy(5分の聞き流しでインプット)=
https://voicy.jp/channel/1766

=Udemy(本格的なスキルを3時間でインプット)=
このコラムの一番下にURLを記載しています。

 

ご挨拶

おはようございます。研修トレーナーの伊庭正康です。
このチャンネルは、1日5分(Voicy)、1日10分(Youtube)で、今日からスグに使える仕事のヒントをお届けしていきます。

「らしさラボ」という”自分らしさ”を武器にしていただくことをモットーとした企業研修の会社を運営し、
1年に200回、研修に登壇し、30冊の本を書いてきました。

これらのノウハウを選りすぐり、皆さんのお役に立てればと思い始めました。
Voicyでは、今日から使える仕事のヒントを聞き流しで、
Youtubeでは、その仕事のスキルを少し長めに、
Udemyでは、テキストをダウンロードしてがっつり学べます。

使い分けていただければ嬉しいです。詳しくは、チャンネル紹介欄にリンクを張っておきます。

 

 

 

今日のメソッド

さて、今日、紹介するメソッドは「身近にいるかも?人生で関わってはいけない人5選です。
時間の感覚の違いが、大きなストレスを生むことはある。
時間の感覚は、相手を大事に思う感覚の強さだから。

実は、時間感覚の違う人を知り、かかわらないだけで、ストレスの予防を図れる上に、
生産性が飛躍的に向上します。

相手に振り回されたくない人のヒントになればうれしいです。
ランキング形式で紹介します。※主観のランキングですが。

 

5位 関わってはいけない人:数分の時間を守れない人 

  • 時間を守れない人=時間を守らない人。

  • 社会で、圧倒的に信用を失うのは「時間」「お金」の約束を守れない人。
  • そもそも、時間を守れない=相手を大事にできない人。

  • 「待たせたら、申し訳ない」という気持ちがあるかどうか。
  • 一事が万事。時間に振り回される。

  • プライベートでは付き合わない。
  • 仕事では予防策をはる。
    ・1分でも、相手が遅れたら「どうしました?」と連絡
    ・今日は〇:〇〇(時間)まで、とデッドラインを細かく伝える。
    ・10分待たされたら、また今度にしませんか?(次があるので)

 

4位 関わってはいけない人:約束の日時を変更しがちな人 

  • 変更しがちな人=自分勝手な人。

  • エピソードを紹介。
    ・ある会社の方から連絡。※本を読んだ。研修したい。
    ・地方の会社様。※新幹線、在来線で片道2時間。交通費もかかる。
    ・「オンラインか、電話でいかが?」と伝えるも、「直接、話を聞きたい」と。
    ・お互いが時間の無駄にならないため、プログラム、料金のことを伝え、
     それでも検討していただけるなら行くことを伝える。
    ・前向きに検討しているので、来てほしい。

    (その後)
    ・3日前に、日程の変更依頼が入る。
    ・会議が入った、とのこと。・・「え?」 ※1つ目の「え?」
    ・再調整をし、3週間後に設定。

    (3週間後)
    ・伺うことを直前に連絡。※問題ないか?
    ・その時間に、伺う。
    ・「研修は再検討に。上司が変わったので。・・「え?」 ※2つ目の「え?」
    ・上司は研修に否定的。今は、現場が忙しいので。
     でも、上司に起案したいので、来て頂いた。・・「え?」 ※3つ目の「え?」

  • こちらから、連絡をすることはしていない。※予防策
  • 3回の「え?」は、こちら(相手)の事情を一切無視している。

  • 予防策は「こちらからコンタクトを取らない」こと。

 

3位 関わってはいけない人:思い付きで「仕事をつくりがちな人」 

  • 仕事でアイデアを出すのは大事。

  • でも、アイデアは「スクリーニング」をしないといけない。
  • でも、思い付きで、余計な仕事をつくってしまう、という感覚がないのは問題。
  • それが、先輩、上司であれば、かなり問題に。

  • エピソードを紹介。
    ・ある会社の方から聞いた話。
    ・企画書を作成して上司に見せたら。「フォントを変えたほうがいいのでは?」と。
    ・修正箇所が多く、一括変換をかけても、レイアウトが崩れる箇所も。
    ・その方は、1時間かけてフォント変更とレイアウト変更を実施。
    ・上司に見せたら、「イラストを写真にした方がいいのでは?」とアドバイスを受ける。
    ・また、30分かけて修正。

  • 上司は「よかれと思ってアドバイス」をしている。
  • でも、振り回されてしまい、疲弊することに。
  • 予防策は、「任せてもらう」ことで距離をとる。
  • もう1つの予防策は「時間がないので、今回はこれで行きたい」と返事をする。
  • 関わらないのは難しいので、うまく流す方法を覚えること。

 

2位 関わってはいけない人:メールのレスが遅い人

  • メールの返信は、基本的には「24時間ルール」がある。

  • 絶対の絶対に言い切れること。「出世する人」「関係各位を味方つける人」はレスが速い。
  • レスの速さは、相手への思いやりであり、謙虚さの表れ。

  • レスの早い人に仕事のチャンスは行く、。一行でもOK。
  • レスが遅い人は、「どうしようかな・・」「また、後で・・」と悪気はないことが多い。

  • でも、基本的には待たされることになる。
  • 時間調整等の場合、他の予定が入れられなくなる。

  • 予防策:遅い人はとことん、治らないと知る。時間感覚の違い。
        普段から、返事の締め切りを伝える。
        例:「〇/〇の13時までは押さえておくので、ご安心ください。
           それ以降になったら、誠に申し訳ございませんが、
           いったん、再度、設定をさせてくださいませ。」

         とメールをすること。

 

 

1位 関わってはいけない人:時間感覚が自分と合わない人

  • 究極的には、すべてココに行きつく。(「あなたもそうでしょ?」がずれている)

  • 1分くらい、と思う人と、1分もあれば・・という人もいる。
     (あなたもそうでしょ?)
  • 会って話したい、時間を使ってでも、と考える人もいる。
     (あなたもそうでしょ?)

  • 休日でもいいので資料をまとめておいて、と考える人もいる。
    (あなたもそうでしょ?)

  • 時間感覚を自分が合わることが苦痛でない人と付き合うこと。

 

ヒントになれば嬉しいです!!

 

 

 

おわりに

▶今日の内容が良いな、と思ったら、SNSでシェアをして頂ければ嬉しいです。
▶また、フォローすると更新通知が届きますので、ぜひフォローしてください。
▶また、YoutubeやUdemyのURLを説明欄に貼っておりますので、ぜひチェックをしてみてください。

では、今日も素敵なチャレンジを!

 

 

 

 

==============================================

 

※らしさラボの研修(担当者様向け)※

営業力強化研修     → コチラ
リーダーシップ研修   → コチラ
ソーシャルスタイル研修 → コチラ
フォワローシップ研修  → コチラ
ストレスコーピング研修 → コチラ

※研修・講演・執筆※
ご相談・お問い合わせ  → コチラ

 

 

※個人でのご受講希望の方向け※

Eラーニング「Udemy」に講座を開設。ぜひ、チェックされてください。

全講座において、テキストダウンロードできます(PDF) ・動画時間は2~3時間。

~短時間で結果を出すスキル~AC

・「誰もがトップセールスになれる!営業スキル大全」  https://www.udemy.com/course/blxgumyp…  
・「短時間で成果を上げる タイムマネジメント」   https://www.udemy.com/course/timetips…

~リーダー力、マネジメント力を発揮するスキル~

・「ついていきたいと思われる!リーダーシップセオリー入門講座」    https://www.udemy.com/course/xejtfsrv…
・「耳の痛いことも伝え、部下を成長させるフィードバック入門講座」  
https://www.udemy.com/course/txudezqm…

 

ページトップへ