RASISA LAB

03363813217

24時間365日受付中

らしさラボTOP > コラム > すぐできる!「ステーブジョブズ流」話し方(プレゼンテーション)

すぐできる!「ステーブジョブズ流」話し方(プレゼンテーション)

【はじめに】
この内容は、私が自分用に作成している「Youtube」
および、音声メディア「Voicy」で語るシナリオを無修正で公開しています。
ゆえに、構成や誤字や文章に読みにくい点もあると存じます。ご容赦ください。
ぜひ、Youtube、Voicyもチェックしてみてください!

=Youtube(10分でスキルをインプット)
https://www.youtube.com/channel/UCLI1ta1jCqMZeHSqY95lhlQ

=Voicy(5分の聞き流しでインプット)=
https://voicy.jp/channel/1766

=Udemy(本格的なスキルを3時間でインプット)=
https://www.rasisalab.com/column/udemy

 

ご挨拶(Voicy用) ※ここは飛ばしてお読みください

おはようございます。研修トレーナーの伊庭正康です。
このチャンネルは、1日5分 朝7:30からスグに使える仕事のヒントをお届けしていきます。

研修に年200回登壇し、30冊のビジネス書を書いて来た私が、
えりすぐり、テクニックを紹介します。  

今日の活力になればうれしいです。
このVoicyでは、今日から使える仕事のヒントを5分で、
Youtubeでは、その仕事のスキルを少し長めに、
Udemyでは、テキストをダウンロードしてがっつり学べます。

使い分けていただければ嬉しいです。詳しくは、チャンネル紹介欄にリンクを張っておきます。
(このコラムでは、冒頭をご覧ください)

 

ご挨拶(Youtube用) ※ここは飛ばしてお読みください

研修トレーナーの伊庭正康です

《このチャンネルは》

・コミュニケーション力、営業力等「仕事のテクニック」を紹介する
 「ビジネスパーソンのためのチャンネル」です。


・研修に年200回登壇し、30冊のビジネス書を書いて来た私が、えりすぐり、
 1か月で100個程度のテクニックを紹介します。  
 ペースは週4回程度、登録、よろしくお願いします。

 

・また、朝の7時半から、音声メディアの「Voicy」、
  本格的にテキストを使って学びたい方には「Udemy」でも発信していますので、
 概要欄に貼っておきます。併せてよろしくお願いします。

 

 

今回、紹介するスキル

スティーブジョブズのプレゼンは一瞬にして、会場にいる全員を魅了したと言われます。
その理由は、いくかあるが、常に「聞き手」の立場に立った話の運び方と言葉選びでした。
3つのポイントにまとめて紹介します。

スグにマネできるようポイントを3つに整理しましたので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

Point① スティーブジョブズ流の話し方:マジックナンバー3の法則

 

  • ステーブジョブズ氏のプレゼンには特徴があったといわれる。
    「要点は、必ず3つ」あったのだ。この「3」は「Rule of Three(3の法則)」と言われる法則でもある。。

    「3」は記憶するのにもちょうど良い量。安定感があるとされる。
     4つ以上になると覚えられず、2つだと物足りず不安定。

  • プレゼンで、マジックナンバー3はよく用いられる。
    ・「うまい」「はやい」「やすい」(牛丼)
    ・「自由」「平等」「博愛」(フランス革命)
    ・「人民の、人民による、人民のための政治」(リンカーン)

     

  • 2007年に「iPhone」を発表した時
    ・Mac、iPodに続く「3」つ目の革新的なデバイス
    ・iPodと電話、インターネットデバイスの「3」つを盛り込んだ新たなデバイス

  • iPad 2を発表した時
    ・初代iPadより「薄く」「軽く」「高速」

 

  • こんな感じでマネできる。
    ・弊社のサービスは「お値段」「効果」「アフターフォロー」で満足を頂いています。
    ・採用難の時代において、採用を成功するカギは3つです。
     まず「ターゲティング」「魅力の差別化」さいごに「効果的な広報」です。

 

 

 

Point②:ステーブジョブズ流の話し方:ホールパート法を使う

 

  • ホールパート法とは、
    ・最初に伝えたい結論(Whole)を提示し、
    ・それについての詳細(Part)を説明し、
    ・最後にもう一度結論(Whole)に戻り、
    締めくくると話法。

 

  • 聞き手にとっても最初に結論が分かっているためかるため、
    ストレスなく話を聞くことができるメリットがある。
    しかも、一番、簡単な方法なので、どんな時でもとっさに使えるようにしておくといい。

 

  • 2005年米スタンフォード大学卒業式でのジョブズ伝説のスピーチ。冒頭の言葉。

    “Today I want to tell you three stories from my life.
     That’s it. No big deal. Just three stories.”

    「今日は、皆さんに私の人生から、3つのお話をします。ただそれだけです。
     大したことはありません。3つの話だけです。」

     

    “The first story is about connecting the dots.”

    「1つめの話は、点をつなげる、です。」

  • こすれば、スティーブジョブズぽく見える。

    「テレアポで成功するためには何が必要でしょうか?」
           ↓
    全体  「テレアポで成功するカギは『やさしさ』『自然な流れ』そして『のめりこむ』ことです。
    部分① 「まず、『やさしさ』とは、声の出し方です。
         あえて、ゆっくり、ソフトな声で話すことで安心してもらいます」
    部分② 「2つ目は『自然な流れ』。否定しない切り返しトークです。
         うまく切り返せるようにすることで、自然な流れで会話を進めることができます」
    部分③ 「3つ目は、『のめりこむ」こと。集中して行うことです。 
         いくらうまくても数がたりないと、結果を出せません。」
    全体  「まず、この3つをクリアしておくことができれば、テレアポはあなたのショーになるでしょう。」

 

  •  チャンネル内のテレアポの動画
     切り返し①:https://youtu.be/QbNAup4pk7s
     切り返し②:https://youtu.be/HRyn26FBBQ0
     ガチャ切り予防:https://youtu.be/Ns6qNjZdQ-4
     
     【再生リスト】
     テレアポの再生リストも作成
      https://www.youtube.com/channel/UCLI1ta1jCqMZeHSqY95lhlQ/playlists
     

 

 

 

Point③: ステーブジョブズ流の話し方:数字を使って、キャッチコピー的に話す

  • インパクトのあるメッセージを短文で語る。
    あたかも、キャッチコピー。
    ことばのキャッチコピー化。

  • スティーブジョブズ氏の言葉(数字を使うことも多い)

    ・「1つ目は超小型ということです。iPodは1000曲がポケットに入る。」

    ・「USBで5時間もコピーするのを待っていられますか? 
      iPodなら10分かかりません。全てのMP3プレイヤーよりも30倍速いのです。
      圧勝ですね。」…数字を使った比較は多い。

    ・「iBookも携帯しやすいのですが、iPodは、超携帯しやすいんです。
          iPodはトランプ一組のサイズです。
          前面は2.4インチ×4インチで、厚みは0.78インチ未満です。とても小さいです

 

 

 

おわりに

▶今日の内容が良いな、と思ったら、SNSでシェアをして頂ければ嬉しいです。
▶また、フォローすると更新通知が届きますので、ぜひフォローしてください。
▶また、YoutubeやUdemyのURLを説明欄に貼っておりますので、ぜひチェックをしてみてください。

では、今日も素敵なチャレンジを!

 

 

 

 

==============================================

 

※らしさラボの研修(担当者様向け)※

営業力強化研修     → コチラ
リーダーシップ研修   → コチラ
ソーシャルスタイル研修 → コチラ
フォワローシップ研修  → コチラ
ストレスコーピング研修 → コチラ

※研修・講演・執筆※
ご相談・お問い合わせ  → コチラ

 

ページトップへ