RASISA LAB

03363813217

24時間365日受付中

らしさラボTOP > コラム > 転職のプロが語る「出世しない人」、4つの共通点

転職のプロが語る「出世しない人」、4つの共通点

【はじめに】
この内容は、私が自分用に作成している「Youtube」
および、音声メディア「Voicy」で語るシナリオを無修正で公開しています。
ゆえに、構成や誤字や文章に読みにくい点もあると存じます。ご容赦ください。
ぜひ、Youtube、Voicyもチェックしてみてください!

=Youtube(10分でスキルをインプット)
https://www.youtube.com/channel/UCLI1ta1jCqMZeHSqY95lhlQ

=Voicy(5分の聞き流しでインプット)=
https://voicy.jp/channel/1766

=Udemy(本格的なスキルを3時間でインプット)=
https://www.rasisalab.com/column/udemy

 

ご挨拶(Voicy用) ※ここは飛ばしてお読みください

おはようございます。研修トレーナーの伊庭正康です。
このチャンネルは、1日5分 朝7:30からスグに使える仕事のヒントをお届けしていきます。

研修に年200回登壇し、30冊のビジネス書を書いて来た私が、
えりすぐり、テクニックを紹介します。  

 

ご挨拶(Youtube用) ※ここは飛ばしてお読みください

研修トレーナーの伊庭正康です

《このチャンネルは》

・コミュニケーション力、営業力等「仕事のテクニック」を紹介する
 「ビジネスパーソンのためのチャンネル」です。


・研修に年200回登壇し、30冊のビジネス書を書いて来た私が、えりすぐり、
 1か月で100個程度のテクニックを紹介します。  
 ペースは週4回程度、登録、よろしくお願いします。

 

・また、朝の7時半から、音声メディアの「Voicy」、
  本格的にテキストを使って学びたい方には「Udemy」でも発信していますので、
 概要欄に貼っておきます。併せてよろしくお願いします。

 

 

今日のメソッド

さて、今日、紹介するテーマは「転職のプロ「110人」が語る、出世できなかった人、4つの特長」についてです。
出世したいとは思いながらも、願いがかなわない人は少なくありません。
でも、頑張っているのに、どうしてなのでしょう。
こうしてはいけない、との反面教師としてきいてください。

今日は、4位から1位までランキング形式でお届けします。
実際の調査結果に基づいたか科学的根拠のある話ですので、参考にしてください。
ランキング形式で紹介します。

 

まず、前提(調査の概要)

  • エン・ジャパン株式会社の調査。
    ・『エン転職』、2018年に行ったユーザー(11,423名)を対象に調査
    ・設問は、「管理職への志望度」について。
    ・結果
     ー5割が管理職に「興味がある」と回答。
      ※女性に比べ、男性のほうが管理職に強い興味。
     ー管理職に興味がある理由は、「自己成長のため」。 
      興味がない理由は、「管理職が不向きだと思うから」。
     ー管理職の経験をして良かった点、 
      「視野が広がる」「影響力が上がる」「裁量が増える」。

     ※私自身、子供の時、リーダーを避けてきた。
      でも、社会人になった時、最初はリーダーになりたいと思いながらも、
      どこかで、できるかな、とも感じていました。
      でも、やってみると、これほど成長できる機会はなかったな、と実感。
      人は、成長できると確信!

 

  • さらに、転職コンサルタントを対象に「出世する人、しない人」についてアンケートを実施。
    ・エン・ジャパンの転職コンサルタント119名からの回答(2015年)。
    ・58%の転職コンサルタントが
    「管理職候補として入社したものの、 管理職に出世しなかった方がいる」と回答。

    ・出世できない人の特長があった。大きくは4つ。

 

 

 

4位 出世できない人:パフォーマンスを発揮できない(46%が回答)

  • これは、私もよく聞く。
    「結果を出せないので、周囲が納得しない」
    「任せたいけど、任せられない」とういう声。

    ※人事はメッセージなので、仕方がない。

  • 原因:試合運びがイメージできていない。     
       
    ・KSF(成功の鍵)を掴めていない。/オセロの角   
     ー 売り上げを高めたい →  チャンスをどこにとるか?
                   (例:データを見ることはおすすめ‥リストのケース等)

    ・KSFを掴むためにやっておくべきこと
     ー ハイパフォーマーの進め方を知る
       (ローパフォーマーとの違いも知ればさらにOK)
     ー 例:パターン化できる人が強い(フルカスタマイズではなく、パターンメイド)
       

 

 

3位 出世できない人:遂行能力が低い(49%が回答)

  • 遂行能力が低い = うまく、仕事を進められない。
  • 原因は、3つのうちどれか。
    「見立てる、仕立てる、動かす」の3つの力

  • 今回は、「仕立てる~動かす」に着目

    ・スキルの有無ではないことが多い。
    ・PDCAを短いサイクルで回せていないことが原因になっていないかを疑う。
    ・特に、C→A(検証⇒改善策)のながれがない
    ・やりっぱなしになっている人は「経験則」でやってしまう。
     (状況が変われば歯が立たない)
    ・「網羅率、進捗率」といった進捗を把握しているか。
     「成功要因」「失敗要因」を把握しているか。
     「改善に活かしているか」
    ・これができれば、経験がなくても、実はある程度の職務は遂行できる。
     ※高度なスキルを要するもの以外。

 

2位 出世できない人:問題解決力がない(51%が回答)

  • 経験則やひらめきでは解決できないことは多い。

 

  • 問題可決の流れをしらないことが原因。

    ・問題は何か
    ・課題は何か
    ・選択肢から対策を選択しているか
     

  • うまく行かない時を想定し、予防策を張っているか?

    ・想定されるリスクを出す
    ・リスクの優先順位を決める
    ・予防策(場合によって事後対処策を)

 

 

 

1位 出世せきない人:コミュニケーション力がない (59%が回答)

  • 出世できない人、できる人は、ココで決まるといっても過言ではない。

    ・上司や先輩をうまく巻き込む
     ※報連相でわかってもらうことが重要。  
     ※見てくれている‥×、わかってくれるはず‥×

    ・相談(提案)の流れ
     ※意見交換→先に聞く→事実を伝える→自分なりの意見を言う
     ※NG /遠慮、意見を先に言う…自分が正解と思っている

    ・「長期視点」で「我々があるべき(主語はWe)」の視点で人をまきこむ。   
     

 

世は身分ではなく役割。役割がひとをそだてる。自分は向いていない、やってみると変われる人も多い。私もその1人。

ヒントになれば嬉しいです!!

 

 

 

おわりに

▶今日の活力になればうれしいです。
Voicyでは、今日から使える仕事のヒントを5分で紹介します。
Youtubeでは、その仕事のスキルを少し長めに!
(また、フォローすると更新通知が届きますので、ぜひフォローしてください。)

加えて、Udemyでは、テキストをダウンロードしてがっつり学べます。

使い分けていただければ嬉しいです。詳しくは、チャンネル紹介欄にリンクを張っておきます。
(このコラムでは、冒頭をご覧ください)

 

では、今日も素敵なチャレンジを!

 

 

 

 

==============================================

 

※らしさラボの研修(担当者様向け)※

営業力強化研修     → コチラ
リーダーシップ研修   → コチラ
ソーシャルスタイル研修 → コチラ
フォワローシップ研修  → コチラ
ストレスコーピング研修 → コチラ

※研修・講演・執筆※
ご相談・お問い合わせ  → コチラ

 

ページトップへ